美容院、美容室、ヘアサロンならZA/ZA|ザザ コラム

AOYAMA
COLUMN 青山 コラム

【前髪を厚くしたい】そんな時に気をつけるポイントは?

  • 2017.03.14
  • 過去ブログ
  • 斉藤弘之

【前髪を厚くしたい】そんな時に気をつけるポイントは?

貴女の前髪は厚いですか?

それとも薄いですか??

似合わせを考える上で、前髪は大事なポイントです。

最近は韓国のヘアを参考にした前髪や

シースルーバングの影響で、

少し薄めに作る前髪も多く見られるようになりましたね。


とはいえ、

やはり前髪が薄めの方は、

前髪厚くしたい〜

って思うこと ありますよね。

そんな前髪を厚くする時、

気をつけるポイントをお伝えします!

前髪の厚みが変わる=前髪の範囲が変わる

ということです。

ですので前髪の厚みを増やしたいときは、

この “前髪の範囲” を増やしてあげればよいのです。

ですが、

ここが気をつけるポイント。

上写真のように、

前髪は自然に落ちる落ちどころがあります。

基本的に頭は円なので、

髪の毛は放射状落ちます。

しかし!!!

“おでこの形”や“生え方のクセ”などで

その位置が多少人により変わってきます。

うかつに厚くしようとして範囲を広げすぎた時に、

前髪の横に落ちる毛を切ってしまい

過剰にワイドバング(横幅の広い前髪)

になってしまう可能性があるので気をつけましょう。

ですので、

この自然に落ちる前髪の範囲を担当美容師さんに見極めてもらいながら、

前髪を厚くしてもらいましょう。

顔まわりのクセは100人いれば100通りのクセがあるようにまさに様々です。

そして毛の量も人により様々。

そういった時は、

どうしても厚くなりにくい前髪の方もいます。

その場合は前髪の毛先の厚みを感じるように

あまり梳いたりせずに仕上げてもらうと良いと思います。

スタイリングは少しフンワリと巻いて

丸みをつけてあげると

厚みがあるように見えるのでオススメです。


「前髪厚くしたいなぁ。」

と思った時に

少しでも参考になれば嬉しく思います。

もちろん

気軽にご相談もしてくださいね!
それでは。
【24時間いつでもご予約】ネット予約はこちらから。
【毎日更新】斉藤弘之の個人ウェブサイトはこちらから。