美容院、美容室、ヘアサロンならZA/ZA|ザザ コラム

AOYAMA
COLUMN 青山 コラム

ショートのえりあしのフィット感とは?

  • 2019.12.02
  • How to お悩み解決,変身ビフォーアフター,トレンド提案
  • 長谷川駿

フィットすると首が細く見える

みなさんこんにちは!
ZA/ZA AOYAMAのスタイリスト長谷川です。

ショートスタイルにおいてよく聞くフレーズ。
「えりあしのフィット」

よく聞くし、フィットしたほうが良さそうな気がするけど実際のところフィットしたえりあしとは?

そんな風に疑問に思ってる方も多いと思います。


えりあしのフィット感はすごく大切。
今回はそんなフィットしたえりあしを再認識して頂くべくご説明させて頂きます。

フィット感のないえりあし

写真のように、カットから2ヶ月ほど経つと全体的に長さが伸びてきてえりあしのフィット感がなくなってきてしまいます。

この状況になるとえりあしがながく重いので、肩、背中と合わせて見た首の見え方のバランスが崩れてきてしまいます。


そうすることで、後ろ、ななめ後ろから見た時の全体的なスタイルのバランスが悪く見えてしまうのです。

髪型だけでそんなに変わる?と思う方もいるかもしれませんが、ぜんぜん違います!


またフィット感のないえりあしでこんなパターンもあります。
えりあしの両端が直線的で、カクっとしている。

人間の首は筒状。そう!丸いのです。
それに対してえりあしのアウトラインが直線的だとフィットしないで首が太く見えてしまう原因になります。

フィットしたえりあし

えりあしの長さ、重さを首のバランスに合わせてカットすると見え方が変わります。

また首の丸さに合わせて、アウトラインも丸くしてあげることで首が細く見えるのです。


骨格に合わせたえりあしのカットがすごく大切だということがお分かり頂けたでしょうか?

ぜひ一度あなたにしかない似合うスタイルを提案させてください!


より詳しくは僕のインスタをご覧下さい。⬇︎

ご予約は下記のURLから↓