美容院、美容室、ヘアサロンならZA/ZA|ザザ コラム

AOYAMA
COLUMN 青山 コラム

クセ毛対策!縮毛矯正と質感調整パーマってなにが違うの?

  • 2020.04.19
  • How to お悩み解決,お知らせ
  • 嶋田康広

もう少しで梅雨も近づいてきますよね。

こんにちは!

AOYAMAの嶋田です。

今は自粛で外出も出来ない毎日が続いていますが、昨日の大雨のように湿気が多くなってくると、室内でも髪がまとまりづらい日も出始めますよね?

少しづつ梅雨も近づいてきているので今日は縮毛矯正と質感調整パーマの違いについて話していきますね。

簡単に言うと、クセを完全になかったことにしたい人は縮毛矯正で、扱いやすくしたいくらいの悩みに対応するのが質感調整パーマですね。


縮毛矯正は言葉の通り縮毛を矯正するので、かなりのうねりや縮れ毛もしっかり伸ばすことが出来、薬剤の進化も大きく、以前のようなパツンっとした仕上がりではなく今は柔らかいシルエットに仕上がるようになっています。

ですが優しくなったといっても薬剤的には強いものが多いので繰り返しの施術によってはダメージにつながってしまっていることもあります。


新規のお客様をカウンセリングしていると、そこまで必要ないのに矯正をかけてしまっている方も多いです。

前髪だけや顔周りだけなど、必要なところに必要なだけというやり方もあるので、是非ご相談ください。


質感調整パーマは、少し余計なボリュームが出やすい方や、まっすぐにしすぎたくない方に適しています。

薬剤も化粧品分類の優しいものを使っているので、ダメージも少なく手触りも良くなります。




組み合わせれば色んなこと出来ます。

根元は質感調整パーマでボリュームを抑えて、毛先はパーマで動きを出すという施術も可能です。

更に、前髪はクセが気になるけど全体は膨らむくらいのクセの方には、前髪のみ縮毛矯正で他の所は質感調整パーマで抑えて毛先のみパーマをかけるという事も可能です。
出来るだけ優しい薬剤での施術の方が髪に優しいですからね。

パーマを駆使していけば、自分の髪のコンプレックスも解消出来る事はたくさんあるので是非一度ご相談下さい。